Pick Up!!
山に登る方、登ってみたい方にお読みいただきたい2本。
登山におけるクマ対策
登山はクマの生息地に入っていくレジャーです。 少しでもクマに会った際の被害を軽減するためにまとめました。
登山保険(山岳保険)加入のススメ
登山保険についてまとめました。

Coming Soon!!
◎ 第13回 GISコミュニティフォーラム
 (2017年5月18日13:30 - 17:30)
生物多様性・コンサベーションGISセッション 〜自然環境保全のためのGISデータの有効活用〜



 

大西への連絡はこちらのフォームをご利用下さい。

2011年01月07日

原著論文(筆頭)


別刷りの請求、論文内容に関するご質問等はこちらかお願いします


Naoki Ohnishi, Takashi Yuasa, Yoshiki Morimitsu and Toru Oi (2011) Mass-intrusion-induced temporary shift in the genetic structure of an Asian black bear population. Mammal Study. 36(1): 67-71.
(ツキノワグマの大量出没によって引き起こされた遺伝構造の一時的な変化)
日本語による解説はこちら

大西尚樹・安河内彦輝 (2010) 九州で最後に捕獲されたツキノワグマの起源. 哺乳類科学. 50(2): 177-180.
こちらで全文が読めます

Naoki Ohnishi, Reina Uno, Yasuyuki Ishibashi, Hidetoshi B. Tamate and Toru Oi (2009) The influence of climatic oscillations during the Quaternary Era on the genetic structure of Asian black bears in Japan. Heredity. 102:579-589.
(第四紀の気候変動が日本のツキノワグマの遺伝構造に与えた影響)
日本語による解説はこちら
動画による解説はこちら(2010年11月28日に岩手県立博物館にて開催さた自然史学会連合講演会シンポジウムでの発表の様子です)

大西尚樹・金澤文吾・長久保義紀 (2008) 四国におけるツキノワグマの個体情報の収集〜体毛をもちいた遺伝学的手法による個体識別〜 保全生態学研究. 13(1):129-135.
こちらで全文が読めます

Naoki OHNISHI, Takashi SAITOH, Yasuyuki ISHIBASHI and Toru OI (2007) Low genetic diversities in isolated populations of the Asian black bear (Ursus thibetanus) in Japan, in comparison with large stable populations. Conservation Genetics. 8(6):1331-1337.
(日本のツキノワグマの孤立個体群は大きく安定している個体群に比べて遺伝的多様性が低い)
日本語による解説はこちら

Naoki OHNISHI and Takashi SAITOH (2000). Trapping methods of wood mice for microsatellite DNA analysis. Mammal Study. 25:145-148.
(遺伝分析のための野ネズミのわなかけ方法)
こちらで全文が読めます

Naoki OHNISHI, Takashi SAITOH and Yasuyuki ISHIBASHI (2000) Spatial genetic relationship in a population of the Japanese wood mouse Apodemus argenteus. Ecological Research. 15: 285-292.
(ヒメネズミの空間に依存した遺伝的関係)
日本語による解説はこちら

Naoki OHNISHI, Yasuyuki ISHIBASHI, Takashi SAITOH, Syuiti ABE and Michihiro C. YOSHIDA (1998) Polymorphic microsatellite DNA markers in the Japanese wood mouse Apodemus argenteus. Molecular Ecology. 7: 1431-1432.
(ヒメネズミにおける多型性に富んだマイクロサテライトDNAマーカー)
posted by bigwest at 00:00| Achievements

2010年12月01日

著書(主要なもの)

書籍
大西尚樹 (2011) 個体群のなりたちと遺伝的構造 – 東日本と西日本を比較する (山崎晃司・坪田敏男(編):日本のクマ学).

大西尚樹 (2007) 日本のツキノワグマの生息状況-遺伝学-(日本クマネットワーク(編):アジアのクマたち-その現状と未来-) pp121-122.(査読付)

Naoki OHNISHI. (2006) The status of Asiatic black bears in Japan -Genetic characteristics- (in Understanding Asian Bears to Secure Their Future compiled by Japan Bear Network) Japan Bear Network (Compiler), Ibaraki, Japan 145pp. (査読付)

総説
大西尚樹 (2012) 大型哺乳類の遺伝的多様性と保全. DNA多型. 20: 325-327.
大西尚樹 (2011) ツキノワグマによる樹皮剥ぎ行動の拡大過程. 森林防疫. 60: 126-131.


プロシーディング
Naoki OHNISHI, Takashi YUASA, Yoshiki MORIMITSU, Atsuhisa YOSHIDA, Kazuyori MAMIYA and Toru OI. (2009) Is There a genetic difference between invasive and non-invasive bears?, Pp. 56-59 in Biology of Bear Intrusions (Toru Oi, Naoki Ohnishi, Toru Koizumi and Isamu Okochi eds.). Forestry and Forest Products Research Institute, Kyoto. (査読付)


その他
大西 尚樹. 2006. 森の動物たちは浮気性?.ぽたり. 11:4-5 (奈良県川上村 森と水の源流館 機関誌)
posted by bigwest at 00:00| Achievements

2010年11月30日

原著論文(共著)

*斜体は責任著者

Toshiaki Yamamoto, Teruki Oka, Naoki Ohnishi, Hirohisa Tanaka, Nozomi Takatsuto and Yuri Okumura (2012) Genetic Characterization of Northernmost Isolated Population of Asian Black Bear (Ursus thibetanus) in Japan. Mammal Study. 37: 85-91.
(ツキノワグマの日本で最北の孤立個体群の遺伝的特徴)

Fumi Kitamura and Naoki Ohnishi (2011) Characteristics of Asian black bears stripping bark from coniferous trees. Acta Theriologica. 56: 267-273.
(針葉樹の樹皮を剥ぐツキノワグマの特徴)


Fumi Kitamura, Naoki Ohnishi and Atsushi Takayanagi (in press) Comparison of noninvasive samples as a source of DNA for genetic identification of bark-stripping bears. Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute. 10: 93-97.
(樹皮剥ぎ加害クマの遺伝的な個体識別にむけた非侵襲的サンプルの比較)

宮崎祐子大西尚樹・日野貴文・日浦勉 (2010) 開花特性と遺伝構造が示すササ類(オモエザサ)の非一回繁殖性. 特集 Bambooはなぜ一斉開花するのか?〜熱帯から温帯へのクローナル特性と開花更新習性の進化を探る〜 日本生態学会誌 60: 73-79.

Yuko Miyazaki, Naoki Ohnishi, Hino Takafumi and Tsutom Hiura (2009) Genets of dwarf bamboo do not die after one flowering event: evidence from genetic structure and flowering pattern. Journal of Plant Research. 122:523-528.
(ササの開花特性と遺伝構造から示すジェネットの非一回繁殖性)

Junco Nagata, Youichi Sonoda, Keiko Hamaguchi, Naoki Ohnishi, Soh Kobayashi, Ken Sugimura, Fumio Yamada. (2009) Isolation and characterization of microsatellite loci in the Amami rabbit (Pentalagus furnessi) . Conservation Genetics 10(4): 1121-1123.
(アマミノクロウサギのマイクロサテライトDNA遺伝子座の単離とその特徴)

Yuko Miyazaki, Naoki Ohnishi, Kimiko Hirayama, Junco Nagata (2009) Development and characterization of polymorphic microsatellite DNA markers for Sasa senanensis (Poaceae: Bambuseae). Conservation Genetics. 10(3): 585-587.
(クマイザサの多型的なマイクロサテライトDNAマーカーの開発とその特徴)

大井徹大西尚樹・山田文雄・北原英治 (2008) 京都府で有害捕獲されたツキノワグマの性・年齢構成の特徴 哺乳類科学. 48(1):17-24.
こちらで全文が読めます

Hiroshi ARIMA and Naoki OHNISHI (2006) Usefulness of avian buccal cells for molecular sexing. Ornithological Science. 5(1): 139-143.
(遺伝的性判別のための鳥類口腔内細胞の有効性)
posted by bigwest at 00:00| Achievements